予言者育成学園 麻布狸穴キャンパス

リアル連動ゲーム『予言者育成学園 Fortune Tellers Academy』(FTA)の話題を綴ります。

カテゴリ: 大アルカナHP推移予想

ミシアレシア魔法国に襲い来る大アルカナの脅威。22期の大アルカナは死神・ヌンです。Lv1のHP量80,000から、マスターモード(Lv16)までのHP推移を予想してみました。
22期大アルカナ死神ヌンHP推移予想

死神ヌンの攻撃パターンは、呪い付与の打撃のみです。対象が単体かWかの違いしかなく必殺技まで全体呪い打撃という脳筋タイプです。単体は呪詛一閃なのでより呪いの脅威が増しています。
攻撃の手数は少なく攻撃力もそれほど高くない様子で、出撃メンバーをSS以上で揃えていれば1ターン目からいきなり死亡という事態は考えにくいのですが、やはり呪いが面倒です。
呪いは完全に行動を封じられるわけではないものの、運が悪ければ何も出来ずにターンだけが過ぎてゆく厄介な状態異常です。
今期の守護悪魔ツァーカブは幻惑を得意としているだけに、ヌンに幻惑を叩き込めれば攻撃の多くを封じ呪いも防ぐことが期待できてかなり有利に戦えるはずなのですが、事前に思っていた印象ほどには幻惑が成功しないようです。
特にランクAツァーカブは幻惑アタックまでしか使えずHPもそれほど伸びないので、ランクSまで上げていない場合は障壁を破壊することが唯一の期待できる役割となりそうです。

HP80,000からのスタートとはいえこちらからのダメージはそれなりに通る印象で、1戦で8ターン闘えて障壁の復活も無いため、上位クラスでは今期も高速討伐で熾烈なタイム争いが見られそうです。

ミシアレシア魔法国に襲い来る大アルカナの脅威。21期の大アルカナは節制・サメフです。Lv1のHP量81,000から、マスターモード(Lv16)までのHP推移を予想してみました。
21期大アルカナ節制サメフHP推移予想

節制サメフの攻撃パターンは、氷の魔法の単発の強弱だけです。1ターンの間でサメフの行動に要する時間は短めですし、こちらが喰らうダメージもそれほど多くありません。それでも今期の守護悪魔カイツールは成長させてもHPが伸びないだけに、2発被弾すると落ちる危険があります。
守護悪魔が物理攻撃特化タイプでありながらサメフは物理耐性持ちのようで、障壁を必殺なしで破壊するのはかなり骨が折れそうです。また、育成が十分でないアルカナの剣の舞では思ったようにHPを削れないかもしれません。物理で攻めるなら多段攻撃で削るより一撃が重いメンバーの方が良さそうです。
眠りやマヒなど行動阻害系の状態異常は入りにくいようですが、元々攻撃の手数も喰らうダメージ量も少ないだけに、ポイントを稼ぐなら攻撃重視でゴリ押しをした方が良さそうです。
サメフの必殺は障壁復活ですが回復量は大したことはなく、即座に再破壊できそうです。

ミシアレシア魔法国に襲い来る大アルカナの脅威。20期の大アルカナは悪魔・アインです。Lv1のHP量76,000から、マスターモード(Lv16)までのHP推移を予想してみました。

20期大アルカナ悪魔アインHP推移予想

悪魔アインの攻撃パターンは、風の魔連弾の強化、超強化、そして必殺技の最強化しかありません。一撃あたりのダメージではそれほどでもない連弾しかしてこないので、前期のマレイリクスのような被弾即死亡という状況は考えにくく、それなりに育っているアルカナであれば活躍できる子が多そうです。
入れば数ターンダメージを喰らわないだけでなく戦闘時間の大幅な短縮も狙えて期待されていたマヒについては、期待ほどの入りやすさでは無いのかもしれません。何より最強化以外は被弾しても即死が免れるとなれば、マヒ以外の状態異常も含めて積極的に狙うよりはその分火力の手数を増やした方が安定してptを稼げそうです。

最近はS3やS4を複数枚持っている生徒も増えてきたようですが、強火力のS3以上の構成なら黒きシェキナは不要なのかもしれません。
逆に手持ちがまだ揃っていない生徒の場合は、黒きシェキナ1枚のみで出撃の単騎構成、あるいは黒きシェキナともう1枚の2枚構成にして、ひたすらガードを続けるのも手かもしれません。アインが連弾ばかりでとにかく手数が多いので、必殺チャージが結構溜まりやすいです。

↑このページのトップヘ