予言者育成学園 麻布狸穴キャンパス

リアル連動ゲーム『予言者育成学園 Fortune Tellers Academy』(FTA)の話題を綴ります。

カテゴリ: 大アルカナHP推移予想

ミシアレシア魔法国に襲い来る大アルカナの脅威は一旦終息した模様です。25期は戦闘訓練として春先型決戦兵器 巨神・ダンデポラゴラと戦います。Lv1のHP量167,000から、マスターモード(Lv16)までのHP推移を予想してみました。

25期大アルカナ巨神ダンテポラゴラHP推移予想

今期の相手は大アルカナではないため対応する守護アルカナも存在しません。つまり障壁は殴り壊すしかありません。巨神ダンデポラゴラは通常の行動パターンで障壁超修復を高頻度で使用してくるため(1ターンで2回使うこともある)、障壁のHP1,000を1ターンで打ち破れるかどうかが個人成績を決めそうです。
攻撃パターンはこれまでの大アルカナと比較すれば弱攻撃ばかりであり、ある程度育成が進んでいるSS以上のメンバーであれば危なげなく戦えそうです。
障壁を余裕で破壊できる火力があれば、これはもうダンデポラゴラの攻撃や耐性を一切考慮せず、高火力の4枚で構成を固めて6ターン殴り続けるだけでもかなりのポイントを稼げそうです。
一方で殴り壊すのに2ターン以上かかる構成の場合は、相手の行動を阻害する状態異常を叩き込んで障壁超修復を封じ込むと着実にダメージを入れられそうです。

ダンデポラゴラは弱いとはいえLv1からHP167,000という巨大な壁であり、しかも6ターンしか戦えません。最後まで10分を切り続ける高速討伐クラスがありそうな一方で、初戦から大苦戦するクラスが出るのも想定内という、両極端なバランスとなっているようです。

ミシアレシア魔法国に襲い来る大アルカナの脅威。24期の大アルカナは愚者・アルフレッドです。Lv1のHP量100,000から、マスターモード(Lv16)までのHP推移を予想してみました。

24期大アルカナ愚者アルフレッドHP推移予想

愚者アルフレッドの行動パターンはW氷の魔法・超強化とW心眼撃ちと超気合いです。最近では見られなかった打撃と魔法の両方をこなすタイプです。何より恐ろしいのがどちらも強タイプの攻撃だけに、特に心眼は被弾すると即死まであり得ます。実際にクリティカル被弾で500にせまる数字が見えました。
障壁のHPはかなりありそうなのに加えて必殺技が障壁超修復だけに、守護悪魔バチカル抜きで挑むには厳しい相手のような気がします。8ターンをフルで戦う状況だと必殺技を使われる場面も出てきそうですし、HPの少ない守護悪魔バチカルをどうやって守り抜くか知恵が必要となりそうです。
大アルカナの行動を阻害する状態異常はバチカルの持ち技の通りに戦慄がよく入ります。なるべくアルフレッドに行動させたくないだけに、戦慄をどれだけ叩き込めるかで戦況は大きく変わりそうです。

今期は11日間22回の大アルカナ襲来のようです。

ミシアレシア魔法国に襲い来る大アルカナの脅威。23期の大アルカナは世界・タヴです。Lv1のHP量99,000から、マスターモード(Lv16)までのHP推移を予想してみました。
23期大アルカナ世界タヴHP推移予想

世界タヴの攻撃パターンはW恐怖アタックと戦慄一閃です。必殺技も全体に戦慄付加の恐怖のるつぼです。今期が戦慄に特化しているように、一つの状態異常付加攻撃のバリエーションで襲ってくるのは最近の大アルカナの攻撃パターンとして定着しつつあるようです。
攻撃の手数は少ないですが攻撃力は高いようです。一撃でも被弾すればごっそりHPを削られます。物理耐性持ちかHP高めのメンバーでないと序盤で壊滅は割とありそうです。
戦慄は喰らうと確実に1回休みとなります。効果は1ターンで切れるので怖くないとも言えますが喰らいまくると攻撃が減らされポイントも稼げません。
今期の守護悪魔アイヤツバースは呪い付与の攻撃をもっています(ランクA:呪いアタック、ランクS:呪詛一閃、呪詛絢爛)。相手の行動を封じる手段として事前に想定されていた通り、呪いが有効のようです。序盤で呪いを叩き込めるかどうかに戦況は大きく左右されそうです。
アイヤツバースのHPが高くないことに加えてタヴの攻撃が痛いので、2発被弾すれば確実に落ちます。
幸いタヴの装甲は柔らかそうなので、HPは高めとはいえ強火力でガンガン力押しが通用しそうです。S3やS4で固めている生徒なら守護悪魔なしでもいけるのではないでしょうか。

今期も上位クラスの高速決着で秒差の争いが期待できそうです。

↑このページのトップヘ