予言者育成学園 麻布狸穴キャンパス

リアル連動ゲーム『予言者育成学園 Fortune Tellers Academy』(FTA)の話題を綴ります。

カテゴリ: 雑記

卒業文集とら001

2018年4月27日、その知らせは不意に訪れた。いつものようにクラス替えの定期メンテナンスを迎えて、メンテ応援の準備も考えていたFTAの束の間の休息に飛び込んできた「運営サービス終了のお知らせ」。
これまで2年以上も毎日のように遊んできて、既に生活リズムにも取り込まれていたFTAが、終わる。

この世界にゲームという存在は無数にあるのに、FTAの代わりになり得る存在は一つも無い。
寂しくないと強がるには無理があり過ぎたし、悲しくないと言い切るのは嘘でしか無かった。

それでも涙が出ることは無かったし、最後の日にも泣かないだろうと4点重ね掛け予知の自信を持っていた。
なぜならば、FTAはすぐにではなくてもそのうち終わるだろうと2年以上も思い続けてきた自分もそこにはいたから。
FTAが基本プレイ無料+アイテム課金という形態である以上は、他の同様のタイトルと同じように、大量の石を購入して何回もガチャを回してくれる廃プレイヤーの存在は欠かせなかった。
しかしFTAはアメジストのまとめ買いにおまけをつけなかったり、無課金の生徒でも上位争いを出来る期間が結構長く続いていたり、そもそも課金が通用しない予言テストの存在もあって、積極的に課金させるには難しかったように見えていた。
運営をスクエニからDWEへ移管したのも、スクエニの基準では続けるに足りないのだろうと思っていたし。終わると思っているものが終わっても、それは「やっぱり」と思うだけで済む。

4月27日という日付に心当たりもあった。
FTAがヨソのアプリのプレイヤーからは異端だと言われる要素の一つでもあった、累計課金額に応じてタロットカードなどが貰えたプレゼントキャンペーンの中止が突然告げられ、応募の締め切り期限として4月27日という日付を提示していた。
3月30日に利用規約に追記された「附則」の内容は、サービス終了時の有償分アメジストの払戻しに係る部分だったし、3月15日にプレゼントキャンペーンの応募フォームがスクエニからDWEのサーバーへ変更されていたし。バージョン3.1.0がなかなか来なかったのも、不安を募らせるには十分すぎるほどの燃料だった。

終わることをみんなが意識して過ごす最後の2か月間は、予知していた未来を大きく振り切って全力で卒業キャンペーンを駆け抜けることになった。
終わるのにグリモアの新章が追加されて、終わるのにS6が実装されて、終わるのにとらんす一味が増えて、終わるのにアプリの改良や新機能が追加され、毎日配布される大量のアメジストと月のかけらは瞬く間にアルカナブックを輝かせ、郵便箱を空にするミッションは早々と放棄させられて推しアルカナからの卒業メッセージすら押し流し、Twitterキャンペーンに恐ろしい数の投稿が寄せられて、メンテ応援も増え続け、プレイヤーイベントが多数開かれて。本当に何年分の時間を圧縮したのか分からない位に密度が濃かった学園生活の最後には卒業式まで用意されていて……。

サービス終了から一夜明けて開催された予言者卒業オフ会は、サービスが終わってしまうタイトルにも関わらず100名以上の参加希望者を集める大イベントとなった。欠席を選んだ私のところにも当日の会場の様子は沢山流れてきたし、みんなで卒業を祝うんだという強い気持ちが伝わってきた。
今回のオフ会には参加しなかった私も卒業文集には寄稿をした。手元にある出来上がった素晴らしい卒業文集の自分のページを開いて、綺麗に印刷されていて安堵したのと、原稿を書いたときに私は自分で思っていた以上に不安だったのだと気付かされた。

FTAのサービスが終わって、大きなオフ会も終わって、TwitterでもFTAが終わってしまうことを惜しむ呟きが追い掛けきれない程に沢山流れてくる。
予知した通り、最後の日にもその次の日にも涙は出なかった。この先もFTAが終わることで泣くことは無いだろうと思っている。
でも、それはFTAが終わると思っていたからではなくなっていた。

卒業文集に寄稿をした生徒それぞれにFTAに対する強い想いがあって、文集には参加していない生徒にも同じように強い想いがあって、みんなが今できることをやりきって最後の2か月を駆け抜けた。
FTAが終わっても、きっとたぶん、全力で楽しいと思える何かにみんなが出会えるのではないかと強く思うし、そうあって欲しいと願う。

予言者育成学園卒業文集 - とらのあな通信販売
https://ec.toranoana.shop/joshi/ec/item/040030644044

新宿区四谷に来ております。駅の名前は四ツ谷駅ですが住所では四谷です。(さらに言えば四ツ谷駅構内の東側は千代田区麹町という区境の真上の駅なのですけど今回はここまで。)
四ツ谷駅前

今回はデザイナーでイラストレーターのサトウテン先生の個展「3to展」へお邪魔をしました。
スクウェア・エニックスのスマホ向けリアル連動ゲーム(RXG)「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」ではアルカナのデザインを手掛けているサトウテン先生ですが、個展は今回が初めてとのことです。
https://twitter.com/TTT3to10/status/993330094419595264

会場は四ツ谷駅の四ツ谷口から徒歩3分の距離にあるデザインフォリオさんのミニギャラリーです。このミニギャラリーも今回の個展がオープン記念企画の第1弾だそうです。
https://twitter.com/desifoli/status/991660410339188736

三栄通り

三栄通りを歩いていくと、見つけました。分かりにくいとのことで目印を増やしたようです。

建物入口
建物入口2

この建物の2Fです。

ギャラリー入り口ポスター

入口には「3to展」のポスターが貼られています。

ギャラリー01

ミニギャラリーに入るとサトウテン先生のこれまでの作品や仕事が並べられておりました。

ギャラリー03
作家プロフィール

FTAでは翼の生えた種族バランチカの描き込みの細かさで知られるサトウテン先生ですが、大きいものから小さいものまで描き込みの密度は圧巻です。

ギャラリー02
ギャラリー09

作品の中の至る所でそれぞれに物語が展開していきそうでじっくりと見入ってしまいました。

ギャラリー04
ギャラリー05

ソフトクリームが食べたくなる一角。

ギャラリー06

希望する記念日を入れてもらっている方をTwitterで見かける歴代カレンダー。

ギャラリー10
ギャラリー11

これまでのお仕事や販売している作品のカタログ。

ギャラリー07

会場でも作品の販売があります。

ギャラリー08

ノートには来場者のコメントが書いてありました。
予言者の方も訪れているようです。

サトウテン イラスト展「3to展」は6月10日(日)までデザインフォリオミニギャラリーにて開催です。
土日はサトウテン先生も在廊しているとのことですので、四ツ谷へ足を運ぶ理由がさらに増えるのではないでしょうか。



サトウテン イラスト展「3to展 201806 updraft」
日時
2018年6月1日(金)~10日(日)
月~金:17:00~20:00
土・日:11:00~20:00
場所
デザインフォリオミニギャラリー(新宿区三栄町7)
JR・東京メトロ四ツ谷駅四ツ谷口徒歩3分
※6月5日(火)休廊、最終日は17時まで。

【ギャラリーフォリオ】サトウテン イラスト展 | designfolio
http://desifoli.com/3to10/
四ツ谷駅からの地図(キョリ測)
https://www.mapion.co.jp/m/route/35.68361858536705_139.73214014697433_10/?env=0000&dist=jHW888zEX812jHX025zF0343jHV895zF0915jHQ196zF3233jHO947zF3610
3to10 Illustrations
http://3to10.com/

予言者育成は「重たいアプリ」

スクウェア・エニックスがスマートフォン向けに提供しているリアル連動ゲーム(RXG)「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」をプレイしてみて、「重たいアプリ」だと感じる方は多いのではないでしょうか。

頭をかかえる

一言で「重たいアプリ」と言っても、「重たい」と感じさせてしまう原因はいくつか考えられます。

①スマホ本体の記憶容量を沢山消費してしまう

16GBのストレージ搭載のスマホであれば、システムで使用している部分を除いた残りの10GB程度使えればかなり上等な部類です。そんな貴重な空き容量から数百MB~数GB占有してしまうアプリは端末に優しくない重たいアプリと言えます。特にゲームアプリは画像や音声など大きなデータを多数必要とするだけに、必要な容量も大きくなりがちです。

②動作中にメモリを沢山消費してしまう

Android 6.0以降のミドルレンジのスマホでは2GBや3GBのメモリを搭載した機種が多く、そこからシステムが最低でも常時数百MBを使用しています。一つのアプリで数百MB~1GB超のメモリを要求するとなると、そのアプリだけでなくスマホの動作全体がもっさりした感じになりがちです。

③動作中にCPUを沢山使わせてしまう

アプリの動作に無くてはならないのがスマホの頭脳である演算装置のCPU(Central Processing Unit)です。これに沢山の演算をさせようとするアプリがあると電池の消費量が増大して発生する熱も大きくなります。そのアプリだけでなくスマホの動作全体がもっさりした感じになりがちです。例えば動画のエンコードはCPUやGPUにデータ処理の演算をさせ続ける非常に重たい作業です。

④動作中にGPUを沢山使わせてしまう

GPU(Graphics Processing Unit)は画像の処理に特化した演算装置です。特にゲームアプリでは美麗なグラフィックやエフェクトの処理でGPUを酷使するものがあり、ゲームを遊ぶ目的でスマホを選ぶならGPUの性能を考えて選ぶのが望ましいです。

⑤データの通信頻度が高い/通信量が多い

電話回線でもWi-Fiでもデータ通信を行う際にはスマホの通信モジュールが仕事をします。通信頻度が高いと通信モジュールの仕事が増えるので、電池の消費量が増大して発生する熱も大きくなります。また毎日頻繁にデータをやりとりしていればスマホの契約プランのデータ通信量の制限にかかってしまう場合もあります。

⑥電池を沢山消費してしまう

ここまで挙げてきた要素を満たすアプリは電池の消費量が増えてしまいがちです。どれだけ面白いゲームアプリであっても、電池をあっという間に空にされてしまうのでは気軽に遊べません。

これらを全て満たしているFTA

FTAは見た目こそ控えめで派手なエフェクトも少ないゲーム画面ですが、実際にはバトル画面で常時背景にムービーを流していて、エフェクトも全てムービーで構成されているなど、到底端末に優しいアプリとは言い難く、残念ながら「重たいアプリ」として挙げてみた6つの項目を全て満たしています。

iOS版とAndroid版の格差

そして、Android版とiOS版で配信されているアプリの動作を比較してみると、Android版の方が圧倒的に重いと言われています。

iOS版が動作するiPhoneやiPadといった端末は、Appleが作っている数機種しかないので、アプリを作る側は動作確認の作業が容易です。
さらに、最新機種の登場直後は割引が無ければ10万円近くの販売価格になるように、日本で販売されるのはスマホとしてはハイエンドに分類される高性能な端末が殆どです。

一方のAndroid版は、OSこそGoogleが提供していますが端末は様々なメーカーが様々な製品を作っています。真っ当にアプリを配信するとなれば、数十数百の種類の端末について動作確認を行わなければなりません。
多種多様なAndroid端末の中にはiPhoneを上回る超高性能なハイエンドスマホもあれば、1万円未満で売られる超低性能のローエンドスマホもあるなど、性能のバラツキも多様なのです。
ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアではハイエンドの端末よりも定価で5万円前後のハイエンド寄りミドルレンジの端末の方が品揃えが豊富です。
日本で利用者が増えている格安スマホでは2~3万円あたりで購入できるローエンド寄りミドルレンジの端末に人気があるように見えます。

スマホをゲーム機にしたいならそもそもハイエンド一択

iPhoneだろうとAndroidだろうと、美麗なグラフィックのスマホゲームでバリバリ快適に遊びたいのであれば、選択肢はそもそもハイエンドの最新機種しかありえません。
とはいえ、大きな割引やキャッシュバックでもない限り、高価なハイエンドのスマホはそうそう売れるものではありません。アプリをプレイしてくれる人の数を増やそうと思えばミドルレンジのスマホも推奨端末に入れるしかないのです。

惜しい性能の端末でも人並みに遊べるようにする一つのアイデア

GPUにかかる負担を軽減させる

FTAにいくつも存在する「重たいアプリ」の理由ですが、大アルカナ戦に代表されるバトル画面の「重たい」だけを考えてみれば、ここで一番酷使されているのは「GPU」です。
大アルカナ戦の直前で余計なアプリを停止させたりスマホを再起動させることでメモリを開放すれば不可解なエラー落ちは改善が見られるかもしれませんが、GPUの性能が足りなければもっさりとしたバトルは改善されません。

Windows版のドラゴンクエストXをプレイしている人なら、普段遊んでいるDQXやベンチマークソフトの設定を思い浮かべると分かりやすいですが、グラフィックの設定を高画質にすれば動作は重たくなりますし、低画質にすれば動作は軽くなります。
フルHDの大画面では動きがぎこちなくても、小さいウインドウサイズにすればより滑らかに動くかもしれません。

アプリによってはゲーム画面の画質を変更してGPUにかかる負荷をコントロールできる設定を用意しているものもありますが、FTAにはありません。

星のドラゴンクエスト
星のドラゴンクエストの設定画面

そこで、Android OSの機能を使ってスマホの画面解像度を下げることで、GPUに楽をさせるという方法があります。

ここでは、スマートフォンやタブレットをUSBケーブルでパソコンと接続して、ADBのコマンドで操作をします。

Android Debug Bridge(adb)は、エミュレータ インスタンスや接続された Android 端末と通信できる用途の広いコマンドライン ツールです。また、アプリのインストールやデバッグなどのさまざまな端末アクションを支援し、エミュレータや接続された端末でさまざまなコマンドを実行するときに使用できる Unix シェルへのアクセスを提供します。

Android Debug Bridge | Android Studio
https://developer.android.com/studio/command-line/adb.html

※注意
以下で説明するADBコマンドによる操作は、端末内の設定を一時的に上書きするものです。root権限を取得していない環境でも動作します。上書き前の元の設定に戻せるコマンドも用意されていますが、誤ったコマンドを実行してしまうと端末の表示がおかしくなったり操作不能に陥る場合もあります。コマンドや設定する数値に誤りが無いか確認してから実行することをお勧めします。
また端末の設定が上書きされることによってデータや設定が初期化されてしまうアプリもあるようです。必要なアプリやデータは必ずバックアップを取ってから作業を行ってください。

作業手順

パソコンにAndroid SDKをインストールしてADBを使える環境を用意します。
スマートフォンやタブレットは設定の開発者向けオプションでUSBデバッグを使えるようにしておきます。

機種によって適切な画面解像度は異なります。
設定を変更する場合は適切な値を指定しないと画面レイアウトが崩れてしまったり、最悪の場合は操作が出来なくなります。

【Android】いまさら聞けないdp入門 - Qiita
http://qiita.com/nein37/items/0a92556a80c6c14503b2
2015年発売Android端末のdp解像度まとめ - Qiita
http://qiita.com/nein37/items/0a622f7ebbbb92db93d5

自分の端末に合った解像度を見つけられたら、あとは実際にADBのコマンドで画面解像度を変更するだけです。
現在のスマホの設定を確認する
adb shell dumpsys display

変更したい値をセットする
adb shell wm density (dpi)
adb shell wm size (短辺)x(長辺)

端末を再起動する
adb reboot
ADBのコマンドからリセットすることで元の画面解像度に戻せます。
元の設定に戻す
adb shell wm size reset
adb shell wm density reset
adb reboot

作業実例

同じ端末で元の画面解像度と画面の広さを縮小した状態のプレイ比較動画。エフェクトの表示やルーレットの回り方が若干滑らかに。スクリーンショットの画像サイズも小さくなり保存速度も改善。

この動画は株式会社スクウェア・エニックスが権利を所有する著作物を利用しております。
© 2015 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved


今の端末でどうにかならないものかと考えるのであれば、足掻く方法はないわけではないということです。しかし、動画の環境ではカクカクすぎて遊べなかったものがあくまでも人並みに遊べるようになっただけですし、これで最新のiPhoneユーザーにも勝てるかと言えばそんなことはありません。決しておススメはしません。
FTAをサクサクと遊びたいのであれば、繰り返しになりますがハイエンドの高性能端末に買い替えるのが最も確実な手段となります。

↑このページのトップヘ