2018年11月14日、スクウェア・エニックスが2018年6月まで配信していたスマホ向けリアル連動ゲーム(RXG)「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」(FTA)の公式Twitterアカウントにて、新たなお知らせがツイートされました。


3.2.1配布のお知らせ

 運営チームよりお知らせします。

 「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」iOS版にてiPhoneのキャッシュが自動削除された際に、「予言者育成学園ギャラリー」を閲覧できなくなる問題について、修正対応を行った version 3.2.1 を11/16(金)にリリースします。
 iOSを使用している方は、アプリの再インストールをお願いいたします。
 なお version 3.2.1 については、iOS版のみの配信となります。

◆ゲーム内データのダウンロードについて

 アプリの起動後いずれかのギャラリーを選択すると、ゲーム内データのダウンロードが行われます。
 ダウンロードが終了次第、「予言者育成ギャラリー」の閲覧が可能になります。

◆ダウンロード期間

 2018年12月31日(月)12:59 まで

◆注意点

 現在「予言者育成学園ギャラリー」を正常に閲覧できる状態の方も、今後iPhoneの容量が圧迫された場合に閲覧できなくなる場合がありますので、期間内に再ダウンロードしていただくことをお薦めします。

 ダウンロードをおこなう際、デスクトップ上のゲームアイコンを削除しないようにお願いします。

 すでにユーザーデータを削除してしまった方は、「あなたのアルカナブック」をご覧になることができません。
 「すべてのアルカナ一覧」にて、全アルカナカードを確認することが可能です。

 また、iCloudやiTunesにバックアップを取ることは出来ないため、端末の変更を行うとデータが消えてしまいます。ご了承下さい。


 本件について問い合わせがある場合は、以下サポートセンターへお問い合わせください。
 http://support.jp.square-enix.com/main.php?la=0&id=12281

「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」運営チーム

iOS版 version 3.2.1 配信のお知らせ
https://cache.sqex-bridge.jp/guest/information/46999


冒頭で書いた通り、FTAは2018年6月29日をもってサービスを終了しており、公式サイトも終了直後に全コンテンツが失われました。
残念ながら全ての物語を描き切ることは叶わずサービス終了を迎えたFTAでしたが、これまでに実装されたキャラクターやストーリーをサービス終了後のオフラインでも楽しめるように、「予言者育成学園ギャラリー」という最後の置き土産をこれまで遊んでくれたプレイヤーのために実装しました。


サービスを終わらせるための最後のメンテナンス終了後、リアルとの連動を諦めたFTAは過去の記憶を留めるためのオフラインのアプリとなったのです。

起動時のサービス終了のお知らせ


バージョン3.2.0 アップデート情報!
https://cache.sqex-bridge.jp/guest/information/41899

※『予言者育成学園ギャラリー』はバージョン更新時のトラブルを含めてサポートの対象外となります。

お知らせに記載された文章からも理解できるように、これが最後のサポートとなるはずだったのです。



ダウンロード期間を過ぎています


ところが、サービス終了から1ヶ月が経過した8月1日ごろから、せっかくダウンロードしたデータが消滅して予言者育成学園ギャラリーを閲覧できなくなったプレイヤーの悲痛な声がTwitterにあふれ出しました。
そんなあふれ出した多くの声をすくい上げようと動いたのが、かつてFTAの運営Dを務めていた木村未来氏でした。



話を遡ることおよそ2年半前、2016年2月15日のFTAのサービス開始当時はアプリの開発を株式会社デジタルワークスエンターテインメント(DWE)が、運営をスクエニがそれぞれ担当しており、スクエニ側に運営チームが存在していました。
「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy 放送室」と題した公式生放送で運営スタッフとして度々登場していた木村氏は、プレイヤーからは月かけの女神(※)などと呼ばれ慕われる存在でした。
※放送室にて、アルテミス召喚(SS確定ガチャ)に使用できるアイテム「月のかけら」をプレイヤーに沢山配布できるように奮闘する姿が度々放送されたことによる。

また、MMORPG「ドラゴンクエストX」(DQX)とのコラボイベントにて、FTAのキャラクター「ぽーちゃん」が予言者大使としてDQXを冒険する企画では、悪戦苦闘しながらぽーちゃんを操作する木村氏の姿がありました。

調理ギルド
オルフェア住宅村
ジュレットの町

ぽーちゃんのアストルティア冒険記 #予言者大使 ぽーちゃんの足跡
http://yogensha.diary.to/archives/library/event/FTA_Ambassador.html

しかし、2017年10月末をもってFTAの運営がスクエニからDWEへ移管されることが突如発表され、スクエニの運営チームは解散されました。

プロデューサーからのおしらせ
http://cache.sqex-bridge.jp/guest/information/34063

そして、2018年4月27日にサービス終了のお知らせが発表され、6月29日にプレイヤーはFTAから卒業することになったのです。

予言者育成学園 Fortune Tellers Academy 運営サービス終了のお知らせ
http://yogensha.diary.to/archives/1524808800.html

スクエニの運営チームが解散した時点で、木村氏も運営Dではなくなっていました。
それでも、かつてのプレイヤーのみんなのために何とかしたいという気持ちが、木村氏のTwitterでの呟きから伝わってきました。



それから2か月近くが経過しようとしていた2018年9月21日、FTA公式Twitterからお知らせが呟かれました。
サービスが終了したことで、スクエニにとってもDWEにとっても今後利益を生み出すことはないタイトルに対して、もうサポートしないとお知らせしていたタイトルに対して、DWEの運営チームが問題の対応を検討中と明らかにしたのです。



iOS版アプリにて、データの一部が自動削除されてしまう問題について
https://cache.sqex-bridge.jp/guest/information/45071


木村氏のツイートにもあるように、多くの関係者の方々が動いて実現させた結果であるのでしょうし、2018年11月18日に配信予定のversion 3.2.1公開が本当に最後のサポートであるだろうと考えております。
iOS版のみの救済とはなりますけど、該当の方は2018年12月31日(月)12:59のダウンロード期限までに、忘れずに操作をしておきたいところです。

なお今回対象外となったAndroid版についても、データやキャッシュは簡単に消去出来てしまうものであり、OSの設定やクリーナー機能のあるアプリの使用には十分な注意が必要となります。
可能であればデータのバックアップを試みるのも有効な手段であると言えるでしょう。

[Android]予言者育成学園ギャラリーのバックアップと復元
http://yogensha.diary.to/archives/1530460800.html

FTAは残念ながらサービスが終わってしまいましたけど、主にTwitterにて新たな予言テストを出題したり、ラーメンを食べたり、生徒のFTA的な活動は続いているようです。
今回の運営からの最後の贈り物が、全ての対象の生徒へ届くように願っております。