「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」(FTA)はスクウェア・エニックスが配信しているスマホ向けのリアル連動ゲーム(ゲームジャンル:RXG)です。RXGという聞きなれないジャンルが示す通り、これまでに無いような奇妙なゲームです。

FTAとは

FTAが存在するミシアレシア魔法国は、人類を喰い殺す恐るべき存在「アルカナ」によって存亡の危機を迎えていました。目には見えないアルカナにいつ喰い殺されるかも分からない恐怖におびえながらも、人類には成す術がありませんでした。
一方的に喰われ続けていた人類でしたが、ある時起死回生の一手にたどり着きます。この世界で唯一、予言者だけはアルカナの存在を察知し、アルカナを使役することが出来ました。使役アルカナの力で敵性アルカナに立ち向かうことが出来る予言者の存在こそ、人類が手にした一つの希望の光となりました。
それまで閑職だった予言者が一転、世界を救えるかもしれない存在となり、それまで一部の貴族階級しか入学できなかったFTAも広く門戸が開放されることとなったのです。
主人公は世界を救える予言者となるべく、FTAに入学することになります。

予言者育成学園 Fortune Tellers Academy 公式サイト 東方見聞録
http://yogensha.jp/

越島はぐ先生のキャラクターデザインや、オープニングテーマで流れるサラ・オレイン「Glory」など、落ち着いた雰囲気で割とシリアス気味に始まるFTAですが、見た目の印象の割に要求スペックが意外と高いアプリでもあります。
◆iPhone版 推奨端末
iOS8.0以上
iPhone5以降の機種
iPad(第三世代以降)以降発売の機種
iPad mini Retina以降発売の機種 ※一部端末を除く

◆Android版 推奨端末
※Android4.2以上、2014年以降発売の機種と、一部2013年冬モデルを対象
『予言者育成学園 Fortune Tellers Academy』 推奨端末について
http://yogensha.jp/model_list

このゲームの主な構成要素は予言テスト、ストーリー、バトルの3つですが、予言テストもストーリーも画面はテキストが主体で演出は極めてシンプルです。バトルについても使役アルカナを手札として表示するカードゲーム的な表示方法であり、キャラが激しく動くような場面は一部の演出を除いてほとんどありません。
その割には動作が重く感じられる場面がありますし、アプリ本体やデータ容量も合わせて1GBを超える大容量のアプリです。
なぜこれ程容量が大きくて重いアプリなのか、その原因の一端が見える記事があります。この記事中ではFTAの開発で使用しているCRIWAREという技術について語られています。
■FTAの演出とCRIWARE
FTAのバトル演出にもCRIWAREをお使いいただいています。背景をよ~くご覧ください。葉っぱが舞い上がる演出があります。これはゲームの背景に葉っぱが舞う動画を置くことで実現しているんですよ!
こういった演出は、従来ならばプログラミングで細かな調整が必要になる難しい演出なんですが、ゲーム画面に動画を重ねるという、CRIの特殊な動画再生技術を使うことで手軽に実現できるんです。演出制作の効率化とゲームのクオリティ向上の両方に役立つということで、鈴木さんからは「処理にかかる負荷も低く抑えられ、表現もリッチになった」とコメントをいただきました。
一見動きが少なくて地味にも映るFTAのバトルの画面では、実は動画を背景で流しながらゲーム画面を動かしているのです。実際にかなり滑らかな演出を実現出来ていてゲームクオリティは確かに向上するのかもしれませんが、結構高画質に作ってある様子の大容量動画を常に流しながら動いていれば、当然端末の負荷も大きいですし発熱や電池の消耗が激しくなるのも理解できます。

CRIWARE
”未来を予言”する新感覚×CRIWARE!「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy(スクウェア・エニックス)」取材レポート - CRI Middleware
http://www.cri-mw.co.jp/e78k1e000000ahyr.html

現在FTAでは超絶な規模の大盤振舞キャンペーンを開催中です。ゲームを開始するだけで最大3万円相当のアメジスト(他のゲームで言うところの魔法石やジェム)がプレゼントされ、さらにそのアメジストで10連神託召喚(10連ガチャ)にチャレンジするとランクSSの使役アルカナが必ず手に入るという太っ腹ぶりです。
ランクSS確定キャンペーン
ランクSS確定キャンペーンのおしらせ!
http://cache.sqex-bridge.jp/guest/information/21473

さらに先日のDQXTV大運動会でDQXとのコラボキャンペーンの実施が明らかとなりました。DQXのゲーム内で使用できるしぐさ書の存在もちらつかせていただけに、気になっているDQXプレイヤーは多いと思います。

ドラゴンクエストⅩTV ver.3 秋の大運動会10時間スペシャル2016
http://live.nicovideo.jp/watch/lv277244483

この機会にFTAを始めてみたい人向けに、FTAを安く遊び始められる端末について考えていきます。

iOS版

FTAを快適に遊ぶことを考えた場合、iOS版の方が動作がサクサクで軽いと言われています。ゲームアプリをiOSとAndroidそれぞれで提供する場合に、端末やOSの仕様の違いに伴いどうしても動作の感覚に若干の差は生じるものですが、FTAに限って言えばその差がかなり大きいようです。

iOS版の推奨端末では「iPhone5以降の機種」と書かれていますが、実際には「iPhone6以降の機種」を選ぶのが無難だと思います。

DQXのしぐさ書以外興味がない人の場合は「iPhone5以降の機種」で遊び始めるのも手だと思います。

Android版

スクウェア・エニックスが配信している他のタイトルと比べると、Android4.2以上が必須のFTAはやはり要求スペックが高めの様に見えます。

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト
http://cache.sqex-bridge.jp/guest/information/4196
必須環境:Android 4.0以降
FTAの一覧より1年古い機種も含まれる

星のドラゴンクエスト
http://www.dragonquest.jp/hoshidora/device/
Android OS4.0以降のOSに対応しています。
FTAの一覧より半年古い機種も含まれる

冒険者のおでかけ超便利ツール
http://hiroba.dqx.jp/sc/public/playguide/guide_sp_device/
対応機種 : Android 4.0以上
FTAの一覧より1年古い機種も含まれる

快適に遊ぼうと考えるなら、やはり最新の高機能な機種を選ぶべきだと思います。

DQXのしぐさ書だけが目的であれば、推奨端末に載っている中から好きな端末を選べばいいと思います。ARROWS NX F-01Fあたりは1万円前後の中古も見かけるので、推奨の中では最安値クラスではないでしょうか。

最近は海外メーカーのSIMフリーなスマホやタブレットも数多く出回っていて価格帯や性能も様々ですが、それらで実際にFTAが遊べるかどうかは動作確認されていない以上分かりません。


結局、現状で遊べる端末を持っていない場合にFTA用の端末を買おうとするとそれ程安く調達できそうにないことがわかりました。スマホやタブレットを買い替える際にゲームプレイも見据えて高機能な機種を選ぶのはありかもしれません。