予言者育成学園 麻布狸穴キャンパス

リアル連動ゲーム『予言者育成学園 Fortune Tellers Academy』(FTA)の話題を綴ります。

スクウェア・エニックスが配信していたスマホ向けリアル連動ゲーム(RXG)「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」は、2018年6月29日をもってサービス終了となりました。
サービス終了対応となる最後のバージョン 3.2.0では、これまで遊んできたユーザーデータをもとに終了時点でのアルカナブックの状態を再現したり、これまでFTAで実装されたアルカナやストーリーに触れることが出来る「予言者育成学園ギャラリー」が実装されました。

予言者育成学園ギャラリー


サービス終了前の告知やギャラリーの内容については記事にまとめております。

予言者育成学園ギャラリー公開に備えて、FTAを残すやり方を考える
http://yogensha.diary.to/archives/1529924400.html

さて、実際にバージョン 3.2.0が公開され、アプリを起動するとFTAは終わってしまったのだと実感させられます。
バージョン 3.2.0のアプリ本体だけなら、apk抽出などapkを抽出できる各種ツールやアプリでapkファイルとして容易に保存が出来ました。このapkファイルをまっさらな端末にインストールすると、ユーザーデータもリソースデータもない状態のアプリになります。
この先のバックアップと復元の手順でバージョン 3.2.0のapkファイルが必要となる場合もあるので、予めapkファイルを作成しておきましょう。

apk抽出
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.pandaz.apkextraction&hl=ja

ユーザーデータとリソースデータの仕様が始まってみるまで分からず、以前の記事では不明であったギャラリーのバックアップの可否について、Android環境で確かめてみました。






ADBコマンドについては以前こちらの記事でも軽く触れています。

[Android]GPUの負荷を抑えるとゲームの操作感はどう変わるのか
http://yogensha.diary.to/archives/1503734400.html

実際に使用したコマンドはこのようになりました。

バックアップ
adb backup -f (ファイル名)  -apk -obb com.square_enix.android_googleplay.yogensha

ファイル名が yogensha.ab なら
adb backup -f yogensha.ab -apk -obb com.square_enix.android_googleplay.yogensha

復元
adb restore (ファイル名)

ファイル名が yogensha.ab なら
adb restore yogensha.ab

バックアップのコマンドを実行すると、指定したファイル名のバックアップデータファイルが出来ます。ファイル名はyogensha.abとかfta.abとか後でわかりやすいものを選ぶのがおススメです。
オプションの-apkでアプリ本体、-obbで追加データを含めています。

■adb restore実行後に予言者育成のアイコンが表示されない
復元を行う環境によってはadbのコマンドを実行して端末に復元画面が表示されても、アプリやデータが正しく復元されないという事象があります。
その際には先にFTAの本体をインストールして、次にadb restoreを実行すると正しく復元できる場合があります。



復元したい端末のSDカードなどに元の端末から抽出しておいたapkファイルを保存してファイルマネージャーなどで開くなど、まずはアプリ本体をインストールします。

PCからADBコマンドでインストールする場合
adb install -r (APKファイル名)

アプリのインストールが出来たらadb restoreを実行します。

※注意
この記事の公開後に「バックアップでファイルが正しく作成されない」、「バックアップからの復元が正常に行えない」という情報が寄せられております。
全てのAndroid環境で確実に動作すると確認できるものではないことをご了承ください。
バックアップでファイルが作成できても復元できなければ意味がありません。機種変更の場合、新しい端末で正しくFTAが復元できることを確認するまで、古い端末の情報は消去しないことをお勧めします。
NoxPlayerなどのエミュレーター環境の場合は、端末イメージ自体のバックアップ/復元機能があるものもありますので、そちらの活用も合わせてお勧めします。


起動時のサービス終了のお知らせ

記事公開(2018-07-02)
コマンドに実際のファイル名を入れた例を追記。注意事項を追記。apk抽出の説明を追記。(2018-07-15)
adb restoreで復元できない場合に本体を先にインストールする事例を追記。(2018-07-18)

卒業文集とら001

2018年4月27日、その知らせは不意に訪れた。いつものようにクラス替えの定期メンテナンスを迎えて、メンテ応援の準備も考えていたFTAの束の間の休息に飛び込んできた「運営サービス終了のお知らせ」。
これまで2年以上も毎日のように遊んできて、既に生活リズムにも取り込まれていたFTAが、終わる。

この世界にゲームという存在は無数にあるのに、FTAの代わりになり得る存在は一つも無い。
寂しくないと強がるには無理があり過ぎたし、悲しくないと言い切るのは嘘でしか無かった。

それでも涙が出ることは無かったし、最後の日にも泣かないだろうと4点重ね掛け予知の自信を持っていた。
なぜならば、FTAはすぐにではなくてもそのうち終わるだろうと2年以上も思い続けてきた自分もそこにはいたから。
FTAが基本プレイ無料+アイテム課金という形態である以上は、他の同様のタイトルと同じように、大量の石を購入して何回もガチャを回してくれる廃プレイヤーの存在は欠かせなかった。
しかしFTAはアメジストのまとめ買いにおまけをつけなかったり、無課金の生徒でも上位争いを出来る期間が結構長く続いていたり、そもそも課金が通用しない予言テストの存在もあって、積極的に課金させるには難しかったように見えていた。
運営をスクエニからDWEへ移管したのも、スクエニの基準では続けるに足りないのだろうと思っていたし。終わると思っているものが終わっても、それは「やっぱり」と思うだけで済む。

4月27日という日付に心当たりもあった。
FTAがヨソのアプリのプレイヤーからは異端だと言われる要素の一つでもあった、累計課金額に応じてタロットカードなどが貰えたプレゼントキャンペーンの中止が突然告げられ、応募の締め切り期限として4月27日という日付を提示していた。
3月30日に利用規約に追記された「附則」の内容は、サービス終了時の有償分アメジストの払戻しに係る部分だったし、3月15日にプレゼントキャンペーンの応募フォームがスクエニからDWEのサーバーへ変更されていたし。バージョン3.1.0がなかなか来なかったのも、不安を募らせるには十分すぎるほどの燃料だった。

終わることをみんなが意識して過ごす最後の2か月間は、予知していた未来を大きく振り切って全力で卒業キャンペーンを駆け抜けることになった。
終わるのにグリモアの新章が追加されて、終わるのにS6が実装されて、終わるのにとらんす一味が増えて、終わるのにアプリの改良や新機能が追加され、毎日配布される大量のアメジストと月のかけらは瞬く間にアルカナブックを輝かせ、郵便箱を空にするミッションは早々と放棄させられて推しアルカナからの卒業メッセージすら押し流し、Twitterキャンペーンに恐ろしい数の投稿が寄せられて、メンテ応援も増え続け、プレイヤーイベントが多数開かれて。本当に何年分の時間を圧縮したのか分からない位に密度が濃かった学園生活の最後には卒業式まで用意されていて……。

サービス終了から一夜明けて開催された予言者卒業オフ会は、サービスが終わってしまうタイトルにも関わらず100名以上の参加希望者を集める大イベントとなった。欠席を選んだ私のところにも当日の会場の様子は沢山流れてきたし、みんなで卒業を祝うんだという強い気持ちが伝わってきた。
今回のオフ会には参加しなかった私も卒業文集には寄稿をした。手元にある出来上がった素晴らしい卒業文集の自分のページを開いて、綺麗に印刷されていて安堵したのと、原稿を書いたときに私は自分で思っていた以上に不安だったのだと気付かされた。

FTAのサービスが終わって、大きなオフ会も終わって、TwitterでもFTAが終わってしまうことを惜しむ呟きが追い掛けきれない程に沢山流れてくる。
予知した通り、最後の日にもその次の日にも涙は出なかった。この先もFTAが終わることで泣くことは無いだろうと思っている。
でも、それはFTAが終わると思っていたからではなくなっていた。

卒業文集に寄稿をした生徒それぞれにFTAに対する強い想いがあって、文集には参加していない生徒にも同じように強い想いがあって、みんなが今できることをやりきって最後の2か月を駆け抜けた。
FTAが終わっても、きっとたぶん、全力で楽しいと思える何かにみんなが出会えるのではないかと強く思うし、そうあって欲しいと願う。

予言者育成学園卒業文集 - とらのあな通信販売
https://ec.toranoana.shop/joshi/ec/item/040030644044

スクウェア・エニックスが提供してきたスマホ向けリアル連動ゲーム(RXG)「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」(FTA)は、2018年6月29日(金)をもってサービス終了を迎えることになりました。

バージョン3.2.0アップデート情報ヘッダー

サービス提供終了の最後のメンテナンス後に公開される予定の「バージョン 3.2.0」では「予言者育成学園ギャラリー」の実装が予告されており、ゲームそのものはプレイできなくなるものの、生徒の皆さんがこれまで集めたアルカナを閲覧できる「あなたのアルカナブックの閲覧機能」や、これまでにゲーム内に登場したアルカナの情報を閲覧できる「全てのアルカナ一覧の閲覧機能」、さらにゲーム内で公開されたメインストーリーやグリモアの鍵を読むことが出来る「ストーリーの閲覧機能」が搭載される予定です。

あなたのアルカナブックの閲覧
「あなたのアルカナブックの閲覧機能」

全てのアルカナ一覧の閲覧
「全てのアルカナ一覧の閲覧機能」

ストーリーの閲覧
「ストーリーの閲覧機能」

「予言者育成学園ギャラリー」を楽しむためにいくつかの注意するべき事項が運営からのお知らせでも挙げられています。

バージョン3.2.0 アップデート情報!
http://cache.sqex-bridge.jp/api/information/detail/41899


ユーザーデータは『タイトル』から『自室』に移動したタイミングで保存されます。
サービス終了となる6/29(金)にゲームをプレイされた場合は、ユーザーデータ保存するために一度タイトル画面に戻り、再度ゲームへのログインを行った後、自室まで移動するようにお願いします。

メンテナンス直前までに召喚を行うなど、アルカナのデータを更新される場合はご注意ください。

終了日の6/29(金)までプレイを続ける生徒は多いだろうと推測できるため、ユーザーデータの保存のタイミングは非常に重要なポイントとなります。
メンテナンス突入までに、タイトル画面から自室画面への移動を忘れないように行いましょう。

ストーリー中に行われるお知らせやキャラクターの容姿などの表示はサービス終了時点の情報をもとに表示されます。

グリモアの鍵で行われていた戦闘は『予言者育成学園ギャラリー』では省略とし、戦闘に勝利した状態で進行されます。

予言者育成学園ギャラリーでは容姿の変更が出来ません。
メンテナンス突入までに髪型や服装は整えておきましょう。

予言者育成学園ギャラリーを遊ぶために

◆予言者育成学園ギャラリーを遊ぶために◆ 

【予言者育成学園ギャラリー】をご利用いただくにあたり、6/29(金)メンテナンス前までにゲームにログインをし、7/31(火)23:59までにリソースデータをダウンロードしていただく必要がございます。
そのため、【予言者育成学園ギャラリー】を閲覧したい端末で、以下を行ってください。


1. ~2018/6/29(金)までの間に、ゲームにログインする
※一度ログインし、自室に入っていただくことで、ゲーム内部にアルカナなどユーザーデータが保存されます

2. version 3.2.0をダウンロード
※6/29(金)メンテナンス後から

3. ゲームを起動してリソースデータをダウンロード
※6/29(金)メンテナンス後から7/31(火)23:59まで


※ご利用の端末に「ユーザーデータ」「リソースデータ」がない場合、

① 期間内に「リソースデータ」及び「version 3.2.0」をダウンロードしていただいても、2018/6/29(金)までにゲームへログインしてユーザーデータを期間内に保存していない端末ですと、【あなたのアルカナブック】がご利用いただけません。

② 期間内に「version 3.2.0」をダウンロードしていただいても、リソースデータダウンロード期間内にリソースデータをダウンロードしていない端末では、【予言者育成学園ギャラリー】をご利用いただけません。

メンテナンス突入までに一度でもログインして自室へ移動していないと「ユーザーデータ」は作成されません。
また、「バージョン 3.2.0」と「リソースデータ」メンテナンス後から7/31(火)までにダウンロードを済ませないと「予言者育成学園ギャラリー」では遊べなくなります。
期限厳守が求められます。

注意事項

機種変更やアプリの削除、ゲーム内でのリソース削除、及び端末に保存されているキャッシュの削除を行うなどによって、ご利用の端末からデータを削除された場合、データが端末から消失するため、【予言者育成学園ギャラリー】がご利用できなくなります。

キャッシュの削除は、ユーザーの操作の他、端末によっては容量が足りなくなった際に行われますのでご注意ください。

スマートフォンのOSには手動又は自動でキャッシュデータを削除する機能が備わっています。不要なデータを削除する機能を持つアプリもあるので、その手のアプリを迂闊に動かすのは危険です。




リソースデータダウンロード手順

※お使いの機種によっては、アプリが正常に動作しない可能性がございます。

※OSのバージョンアップ等により、アプリが正常に動作しなくなる可能性がございます。

※諸般の事情により予告なく配信を停止することがございます。

また、スマートフォンのOSの更新が行われた場合にも一部のデータが削除されたり、アプリが起動しなくなる事象の発生も考えられます。
FTAを確実に残しておきたいと考えるなら、メインで使用するスマホ以外にFTAを残すためのサブの端末を準備するのも手かもしれません。

以下、Twitterでのギャラリー保存用端末考察の呟き。












大きな画面で綺麗に残すなら最新のiPad、とにかく格安の端末を確保するなら中古のNexus 5が個人的にはおススメです。

また、どうしてもFTAを残すための端末確保が難しかったり、ギャラリーを他の手段でも残したいと考えた場合にはエミュレーターの存在も頭に入れておいていいかもしれません。
NoxPlayerなどのAndroidエミュレーターで端末イメージを作成し、メンテナンスまでにFTAを起動させてユーザーデータを作成、メンテナンス後に実際の端末と同じように3.2.0とリソースデータをダウンロードという手順が考えられます。
エミュレーターでもOSなどソフトウェアの更新は行われるため、データの保全には注意が必要です。端末イメージのバックアップも行った方が良いでしょう。
ただしエミュレーターはメーカー側では推奨していない動作環境であり、この手順を正しく行える保証はありません。あくまでも他にFTAを残すための手段が取れない場合の最終手段と考え、可能な限り通常のスマホやタブレットを調達した方が良いでしょう。



「予言者育成学園ギャラリー」で遊べる機能は、「あなたのアルカナブックの閲覧機能」「全てのアルカナ一覧の閲覧機能」「ストーリーの閲覧機能」の3つだけです。
それ以外の各種成績や称号や集めた衣装などの表示、バトルや着せ替え機能などは失われます。イベントストーリーなども残りません。
ギャラリーに実装されない機能の画面を残したい場合は、メンテナンスまでに各自でスクリーンショットや動画を撮っておく必要があります。

スクリーンショットはFTAが動作する端末ならiOSでもAndroidでも簡単に撮ることが出来ます。
録画は録画アプリや配信用アプリの機能を使って行います。

Android環境については以前このブログでも取り上げています。参考になれば幸いです。

AZスクリーンレコーダー

[Android]撮って残そうグリモアの鍵(読み返すためのスクショと録画)
http://yogensha.diary.to/archives/1476799200.html

泣いても笑っても6/29でFTAでの学園生活は終わります。それまでに、出来ることは全てやっておきたいですね。



↑このページのトップヘ